チョコレート嚢胞

チョコレート嚢胞とは

子宮内膜症-チョコレート嚢胞チョコレート嚢胞は、子宮内膜症の一種であり、通常子宮内にあるべき子宮内膜が卵巣に異常発生する状態を指します。本来、卵巣上に形成された内膜病巣は通常月経時には剥がれて排出されますが、剥がれない古い血液が留まり、チョコレートのような構造を持つ袋(嚢胞)を形成することがあり、これを一般的に「チョコレート嚢胞」と呼びます。
年齢が上がると、がん化して卵巣がんに進行するリスクが増加することがあります。また、若い年齢でもチョコレート嚢胞が大きい場合、がん化や破裂のリスクが存在します。

子宮内膜症

チョコレート嚢胞の原因

チョコレート嚢胞の根本的な原因は未だ完全に解明されていません。子宮内膜症は、女性ホルモンである「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の影響を受け、子宮内膜が異常に増殖する状態を指します。したがって、エストロゲンの分泌量が多い20~30歳の年齢層でチョコレート嚢胞が発症しやすく、妊娠や出産の可能な年齢層でも約10%の割合で発症するとされています。

チョコレート嚢胞の症状

チョコレート嚢胞の症状チョコレート嚢胞の症状は、一般的な子宮内膜症と類似していますが、他の部位で発生する内膜症よりも痛みが強いことがあります。これは、チョコレート嚢胞が次第に大きくなり、骨盤内の他の臓器と癒着してしまうため、強い痛みを引き起こす可能性があるからです。また、不妊症の原因としても問題となります。卵巣にできた内膜症により同部位から月経が起こるため、炎症によって卵管の癒着や排卵できなくなくなる影響があります。また、炎症により卵子の質の問題や着床環境への影響も示唆されておりますが不明な点も多いです。これが妊娠を望む場合に障害となることがあります。子宮内膜症の女性の場合、妊娠率は一般的に24%~50%程度とされており、重症の場合は10%未満に低下することもあります。月経痛が著しく増悪したり、月経時に出血や排便に関する異常が見られた場合、お早めにご相談ください。

チョコレート嚢胞の
診断と検査

まずは詳細な問診を行います。その後、内診により子宮と卵巣の可動性や痛みの有無を確認します。さらに、超音波検査によって子宮や卵巣の腫大の有無を評価します。腫大が確認される場合、病変の性質や悪性腫瘍の可能性を確認するためにMRI検査が実施されることもあります。また、血液検査により腫瘍マーカーである特にCA125を測定する場合もあります。子宮内膜症やチョコレート嚢胞では、CA125やCA19-9が上昇することがあり、これは補助的な診断手段として利用されます。

チョコレート嚢胞の手術

薬物療法

薬物療法は子宮内膜症全般で適用される方法であり、主に痛みの軽減と疾患の進行抑制の2つの目的があります。痛みに対する緩和策としては、鎮痛薬などが一般的に用いられます。進行抑制のためには、様々なホルモン剤が使われ、内膜症組織の増殖を制御し、痛みなどの症状を改善することを目指します。

手術療法

チョコレート嚢胞の治療には手術療法も選択肢に含まれます。嚢胞が大きくなると破裂するリスクやがん化する可能性があるためです。手術を検討する場合、妊娠の希望の有無や、望むかどうかによってアプローチが異なります。妊娠を希望する場合は、卵巣の病変を摘出し、正常な組織を保存する治療が行われます。この際、一般的には腹腔鏡手術が選ばれます。また、卵巣温存手術を行う場合でも、手術による卵巣機能の低下を考慮して、将来の生殖医療(例:体外受精)を検討することもあります。逆に、将来的に妊娠を望まない場合や病状が進行している場合など、卵巣と子宮の全摘手術(根治手術)が選択されることもあります。

チョコレート嚢胞と
妊娠(不妊症)

チョコレート嚢胞と妊娠(不妊症)チョコレート嚢腫による卵巣内の炎症の影響で卵巣予備能は低下するといわれております。さらに加齢に伴う卵巣予備能低下も加わるため、挙児希望のあるかたは、他の不妊原因検索を早期に行って計画的な不妊治療をおすすめします。手術療法によるあきらかな妊娠率の向上のエビデンスは十分でなく、また、術後患側の卵巣機能の低下と高い再発率の問題もあり、年齢・卵巣予備能・片側か両側か・疼痛などの症状・大きさといったいろいろなパラメーターについてよく検討して手術適応を判断します。一方チョコレート嚢腫が存在するかたは体外受精による採卵や移植時に感染のリスクがあり、稀に骨盤腹膜炎を合併することがあります。
一方、30代後半から40代の年齢層では、高度な先進医療を含む不妊治療が優先されます。妊娠が達成されない場合やチョコレート囊胞が増大している傾向が見られる場合、手術を検討します。

ご予約・お問合せContact

ご予約はWEB予約またはLINE予約からお願いいたします。
ご不明点はお問合せフォームよりお願いいたします。