Piezo ICSI(ピエゾイクシー)

Piezo ICSI
(ピエゾイクシー)とは

顕微授精(ICSI)とは、細いガラス針であるマイクロピペットを用いて、一つの精子を一つの卵子の細胞内に直接注入する方法です。 ICSIの利点は、通常の体外受精(c-IVF)とは異なり、一つの精子があれば一つの卵子を受精させることができ、また、受精率がc-IVFに比べて高いことです。 一方、欠点としては、卵子に針を穿刺することによる潜在的なダメージが挙げられます。 Piezo -ICSIは、この穿刺時のダメージを減少させる可能性を持つ新しい顕微授精方法です。

従来の顕微授精(ICSI
との違い

従来のICSIは、尖った先端を持つマイクロピペットを使用し、その先端を使って卵子の透明帯や卵細胞膜を穿破する方法です。この過程で卵子に負担がかかり、弱い卵子の場合変性してしまうことがあります。
一方、Piezo -ICSIは、平らな先端を持つマイクロピペットを使用します。微細な振動をこの平らな先端に加えることで、透明帯や細胞膜を穿破します。従来の顕微授精と比較すると、卵子に対する負荷が少なく、精子を注入できます。そのため、卵子が脆弱で従来の顕微授精後に変性してしまった症例に特に有効であり、卵への影響が少なく変性率が低いことが確認されています。

Piezo ICSI
(ピエゾイクシー)
の適用となる方

  • 過去に顕微授精(ICSI)後に卵子が変性しやすい方
  • 過去に顕微授精(ICSI)を行った後、未受精卵が多くみられた方
  • 過去に顕微授精(ICSI)後に胚の発育が不良だった方

当院はICSI症例は全例原則Piezo ICSIでおこなっております

ご予約・お問合せContact

ご予約はWEB予約またはLINE予約からお願いいたします。
ご不明点はお問合せフォームよりお願いいたします。