子宮内膜マイクロバイオーム(EMMA)検査

当院の子宮内膜マイクロバイオーム検査についての
見解

先進医療として保険診療と併用可能です。ERBiome検査も同じ位置づけと考えてよいです。今後先進医療としての妊娠成績向上の事実が判明すれば保険診療として将来的に可能になる検査と考えます。

子宮内膜マイクロバイオーム検査(EMMA)とは

子宮内の乳酸菌は着床から妊娠の継続に重要な役割を果たすとされています。EMMA検査は、子宮内の乳酸菌のタイプと比率を測定し、子宮内の環境が受精卵を受け入れるために最適であるかどうかを評価するための検査です。通常の細菌培養法では検出できない細菌も検出可能で、子宮内の全体的な細菌の状態について情報を提供できます。子宮内の細菌環境が胚移植に適しているかどうかを判断し、必要な場合には乳酸菌の補充を提案することで、妊娠の可能性を高めるのに役立ちます。

子宮内膜マイクロバイオーム検査(EMMA)で
分かること

  • 子宮内膜検体のラクトバチルス属の割合
  • 子宮内膜検体から検出される細菌の割合
  • 子宮内膜の細菌叢が正常であるか(ラクトバチルス属の比率が高い)、異常か(ラクトバチルス属の比率が低く、細菌のバランスが崩れているか、あるいは病原菌が存在するか)

子宮内膜マイクロバイオーム検査(EMMA)を
お勧めする方

  • 子宮内の環境を着床しやすいように整えたい方
  • 今後の治療のために子宮内膜の状況を知りたい方
  • 子宮内の乳酸菌が気になる方に対する今後の治療方針の提案材料

ご予約・お問合せContact

ご予約はWEB予約またはLINE予約からお願いいたします。
ご不明点はお問合せフォームよりお願いいたします。