費用

不妊治療の保険適用
するための条件

2022年4月より不妊治療にも保険適用がされるようになりました。しかし、すべての方が保険適用されるわけではありません。年齢や適用回数に条件がありますので、事前に確認してからご受診いただきますようお願いいたします。

体外受精・顕微授精(高度生殖医療)を保険適用受けるための条件

治療開始時の女性側の年齢 胚移植回数(条件)
40歳未満 1子につき最大6回まで
40歳以上43歳未満 1子につき最大3回まで

※男性側に年齢の制限はございません。
※採卵の回数に上限はございません。

代表的な治療の費用

人工授精
(一般不妊治療)

  保険適用の場合
一般不妊管理料 750円
診察、検査、薬代 約9,500円
人工授精1回 5,460円
合計 約15,710円

※検査内容や治療の回数により異なります。

体外受精
(高度不妊治療)

採卵

  保険適用の場合  
生殖補助医療管理料 900円  
診察、検査、薬代 約35,000円  
採卵10個 31,200円  
受精 12,600円  
培養 40,500円  
胚凍結6個 30,600円  
合計 150,800円  

移植

  保険適用の場合  
生殖補助医療管理料 900円  
診察、検査、薬代 約15,000円  
アシステッドハッチング 3,000円  
凍結融解胚移植 36,000円  
合計 54,900円  

利用できる制度

保険適用になりましたが、それでも高額な治療費なことに変わりありません。高額療養費制度や民間の医療保険など利用できる制度がありますので、治療を始める前に費用のことも考えておきましょう。東京都の助成金制度についても中野区特定不妊治療費助成など区で助成もあります。

高額療養費制度とは

高額療養費制度とは、所得に応じて決められた1か月あたりの上限額を超えた医療費が返金支給される制度です。注意点としては、高額療養費制度が使用できるのは保険適用となる治療のみ対象となる点です。不妊治療の中には、保険適用となる治療と併用できない自由診療のみの治療があります。また、保険適用となる治療と併用できる先進医療は高額療養費制度の対象とはなりませんので予めご確認ください。

高額療養費制度の自己負担限度額シミュレーションについて

民間の医療保険とは

不妊治療のなかで、人工授精や体外受精の採卵・胚移植は手術に分類されます。そのため、民間の医療保険で手術給付金がある場合、その対象となります。また、「先進医療特約」と呼ばれるものがついている医療保険に加入されている場合、自由診療となる部分が保険金給付の対象となる場合があります。詳しくはご加入されている保険会社までお問い合わせください。

費用一覧

一般不妊治療

  3割負担 注意事項
一般不妊治療管理料 750円 3か月に1回の算定

人工授精

  3割負担 注意事項
人工授精 5,460円  

体外受精

  3割負担 注意事項
生殖補助医療管理料
生殖補助管理料1
900円 月1回
排卵誘発剤 約10,000~20,000円  
超音波検査・ホルモン検査 約4,000円/回 1周期3回程度必要

採卵

  3割負担 注意事項
採卵術 9,600円 採卵個数が0個の場合は下記の加算なし
採卵術加算 1個の場合 7,200円  
2~5個の場合 10,800円
6~9個の場合 16,500円
10個以上 21,600円

受精

  3割負担 注意事項
体外受精・顕微授精管理料
(体外受精の場合)
12,600円 採卵個数が0個の場合は下記の加算なし
体外受精・顕微授精管理料
(顕微授精の場合)
1個の場合 14,400円
2~5個の場合 20,400円
6~9個の場合 30,000円
10個以上 38,400円

授精(体外受精・顕微授精管理料に加算)

  3割負担 注意事項
採取精子調整加算 15,000円 精巣内精子(TESE精子)使用の場合
卵子調整加算 3,000円 受精卵を作るための卵子活性化処理

受精卵・胚培養管理料

  3割負担 注意事項
受精卵培養
(採卵翌日に受精した個数)
1個の場合 13,500円 受精卵から初期胚を作成することを目的とした処置(初期胚の場合ここまで)
2~5個の場合 18,000円
6~9個の場合 25,200円
10個以上の場合

31,500円

胚盤胞加算
(胚盤胞作成目的の受精卵数)
1個の場合 4500円 胚盤胞に育つように培養する処置
2~5個の場合 6000円
6~9個の場合 7500円
10個以上の場合 9000円

胚移植術

  3割負担
新鮮胚移植 22,500円
凍結・融解胚移植 36,000円

胚移植時に加算されることがある項目

  3割負担
アシステッドハッチング 3,000円
高濃度ヒアルロン酸含有培養液 3,000円

胚凍結

  3割負担 注意事項
胚凍結保存管理料
(導入時)
1個の場合 15,000円 その周期に凍結する受精卵の合計数
2~5個の場合 21,000円  
6~9個の場合 30,600円  
10個以上の場合 39,000円  
凍結保存維持管理料   10,500円 凍結保存開始1年後から2年間を限度に1回/年

先進医療料金表(申請中)

  先進医療技術名 先進医療  
タイムラプス ライムラプス撮像法による受精卵・胚培養 30,000円  
PICSI ヒアルロン酸を用いた生理学的精子選択術 26,400円  
SEET 子宮内膜刺激術 33,000円  
EMMA/ALICE 子宮内細菌叢検査1

85,200円

 
ERA 子宮内膜受容能検査1

132,600円

 
子宮内フローラ検査 子宮内細菌叢検査2 44,000円  
ERPeak 子宮内膜受容能検査2 135,000円  

※先進医療は非課税となります
※自費は別途消費税がかかります

ご予約・お問合せContact

ご予約はWEB予約またはLINE予約からお願いいたします。
ご不明点はお問合せフォームよりお願いいたします。