子宮筋腫

子宮筋腫とは

子宮筋腫とは、子宮を構成する平滑筋と呼ばれる組織に見られる良性腫瘍のことです。比較的若い方から閉経後の方まで幅広く確認されます。

子宮筋腫の分類

子宮筋腫は、発生する部位により漿膜下筋腫、筋層内筋腫、粘膜下筋腫に分類されます。

漿膜下筋腫

子宮漿膜(外側の膜)の下に筋腫が発生する状態です。外側に広がっていくので、大きくなることが多いです。無症状のことが多いですが、下腹部にしこりを触れることもあります。捻じれてしまうと緊急手術が必要になります。

筋層内筋腫

子宮筋層に筋腫ができる状態です。子宮筋腫の中で最も多い種類になります。

粘膜下筋腫

子宮内膜の下に筋腫ができる状態です。月経痛がひどい、月経が多い(過多月経)、月経が長い(過長月経)が見られることがあります。不妊症や流産の原因になります。

子宮筋腫の症状

子宮筋腫の症状子宮筋腫があっても、大半は無症状です。子宮筋腫の種類によっては、月経痛がひどい(月経困難症)や月経が長い(過長月経)、月経の量が多い(過多月経)、下腹部のしこりが見られます。また、子宮を圧迫されることにより頻尿、尿が出づらい、便秘、腰痛が見られることもあります。筋腫が捻じれた場合は、腹痛や高熱が見られます。

子宮筋腫の診断

子宮筋腫の診断としては、内診や超音波検査、子宮鏡検査、MRI検査などがあります。子宮筋腫と同じようなものに子宮肉腫という悪性ものがあるため、大きなものや変性を伴う場合、腫瘍が良性か悪性か、MRI検査などを使用して鑑別することもあります。

子宮筋腫の治療

子宮筋腫の治療は、病態により薬物療法と手術療法に分かれます。当院では、患者様に適切な治療法をご提案させていただきます。

薬物療法

偽閉経療法

卵巣女性ホルモン(エストロゲン)産生を抑制するGnRH(ゴナドトロピン放出ホルモン)アゴニストやアンタゴニスト薬を用いて、筋腫を縮小させる方法です。閉経前や合併症のために手術を避ける場合に用いられます。投与方法はGnRHアゴニストが月1回の注射や1日2回の点鼻薬、新しいGnRHアンタゴニストが1日1回の経口薬です。子宮筋腫核出術前の前処置としても効果があり、治療中は無月経となり症状が改善します。副作用として更年期症状が現れ、骨量減少なども考慮されます。長期間の使用は避けるべきで、中止すると筋腫が再び大きくなり症状が再発します。

対症療法

子宮筋腫による過多月経や月経痛などの症状を和らげる方法です。

鉄剤

過多月経や過長月経による貧血に対して処方されます。

非ステロイド性抗炎症剤

月経痛などの疼痛を軽減するために使用されます。

低用量エストロゲン・プロゲスチン配合剤(LEP製剤) ジェノゲスト製剤

月経困難症や過多月経の緩和を目的とする方法で、子宮筋腫そのものを小さくする効果はありません。LEP製剤の血栓症の副作用には注意が必要なため、40歳以上のかたや過度の肥満のかたには適しません。現在保存的治療で最も頻度が高い治療法です。

子宮内黄体ホルモン放出システム(IUS、ミレーナ)

子宮内に小さな装置を挿入し、黄体ホルモンを持続的に放出して子宮内膜の発育を抑制し、過多月経や月経痛を軽減する方法です。子宮筋腫そのものを小さくすることはできません。5年ごとの定期的な装置の交換が必要です。まれに脱落や抜去困難・子宮外迷入の合併症の報告があります。

手術療法

子宮全摘術

妊娠予定がなく、子宮を温存する必要のない場合に行われる治療法です。開腹手術、腹腔鏡下手術、腟式手術があます。近年ロボットやvNOTES(おなかを切らない腹腔鏡下手術)も普及しております。

子宮筋腫核出術

妊娠予定のある女性を対象にした手術で、子宮筋腫の一部を取り除く方法です。子宮体部を残すことで妊娠が可能です。発生部位や大きさに応じて開腹手術または腹腔鏡手術が選択されます。ただし、子宮筋腫は再発する可能性があることに留意が必要です。

子宮鏡下子宮筋腫摘出術

子宮腔内に突出した小さな粘膜下筋腫を対象とした手術です。大きさや位置によって手術の適応が決まります。

子宮鏡下子宮内膜焼灼術(MEA)

子宮内に器具を挿入し、マイクロ波で子宮内膜を壊死させる方法です。子宮筋腫の治療ではなく、症状緩和を目的とします。将来の妊娠には適しません。

子宮動脈塞栓術(UAE)

子宮動脈に塞栓物質を詰め込むことで血流を遮断し、子宮筋腫を縮小させる方法です。手術を望まないかたに極めて有効な治療法として近年その症例は増加傾向にあります。カテーテル治療特有の合併症がありますが、十分な症状緩和を期待できます。妊娠する機能が低下することも報告されており、原則挙児希望のかたは禁忌となっております。

子宮筋腫があっても
妊娠できる?

子宮筋腫が小さく、症状がない場合、妊娠や出産は可能です。子宮筋腫が妊娠しにくさや流産のリスクを増加させることはありますが、近年は初産年齢の上昇に伴い、子宮筋腫を抱えた妊婦も増えています。不妊治療や初期の妊娠段階では必ず経腟超音波検査が行われるため、小さな筋腫も容易に検出され、早い段階で適切な治療方針が立てられるでしょう。

ご予約・お問合せContact

ご予約はWEB予約またはLINE予約からお願いいたします。
ご不明点はお問合せフォームよりお願いいたします。